Profile

 

 

大沼徹 (バリトン)

福島県出身。

東海大学教養学部芸術学科音楽学課程卒業、同大学院芸術学研究科音響芸術専攻修了。

二期会オペラ研修所第51期マスタークラス修了、修了時に最優秀賞及び川崎靜子賞受賞。

梶井龍太郎、島津与外次、近藤均、梅沢一彦、鎌田直純、渡部洋子の各氏に師事。大学院在学中、東海大学海外派遣留学生としてベルリン・フンボルト大学に留学、ハルトムート・クレッチュマン、クラウス・ヘーガーの各氏に師事。帰国後は「ラ・ボエーム」「カルメン」「魔笛」「メリーウィドウ」「セビリアの理髪師」等に出演。09年6月には二期会ニューウェーブオペラ「ウリッセの帰還」にタイトルロールにて二期会デビュー。また小澤征爾音楽塾プロジェクト「ヘンゼルとグレーテル」ではペーター役のカヴァーキャストを務め、小澤征爾音楽塾特別演奏会「ヘンゼルとグレーテル」、サイトウキネンフェスティバル「青少年のためのオペラ入門」では同役にて出演。11年9月には小澤征爾音楽塾中国公演にてベートーヴェン「合唱幻想曲」のソリストを務める。

二期会本公演では10年2月に「オテロ」イアーゴ役にてデビュー、その後同年9月に「魔笛」にパパゲーノ役、11年2月に「サロメ」にヨハナーン役、12年9月「パルジファル」アムフォルタス役にて出演。

新国立劇場には2011年10月「サロメ」(第1のナザレ人役)に出演し、2012年2月には「沈黙」(ヴァリニャーノ役)に出演。

コンサートでは「第九」「クリスマスオラトリオ」フォーレ「レクイエム」「マタイ受難曲」「カルミナ・ブラーナ」、12年6月には飯守泰次郎指揮「さまよえるオランダ人」(演奏会形式)タイトルロールを務める。

第71回読売新人演奏会出演。第14回日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門第1位。第17回日本声楽コンクール第3位。第75回日本音楽コンクール(歌曲部門)入選。第12回世界オペラ歌唱コンクール「新しい声」ドイツ本選出場。第7回藤沢オペラコンクール奨励賞。第21回五島記念文化賞オペラ部門新人賞受賞し、2010年10月よりドイツ・マイセンにて研鑽を積んでいる。

日本声楽発声学会会員、東海大学教養学部芸術学科音楽学課程非常勤講師。二期会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>